アーティスト

TeddyLoid

TeddyLoid ( テディロイド )


弱冠18才にしてMIYAVIのDJ~サウンド・プロデューサーとしてワールドツアーに同行し、そのキャリアをスタート。
☆Taku Takahashi(m-flo)と共にガイナックスのアニメ”Panty & Stocking with Garterbelt”のOSTをプロデュース。
柴咲コウ、DECO*27とのユニット、galaxias!の結成、ももいろクローバーZの”Neo STARGATE”のサウンドプロデュース~2013年の西武ドーム大会へのゲスト出演、アニメ『メカクシティアクターズ』へのBGM提供、ボーカロイドIAのプロデュース・リミックス、『アニメ(ーター)見本市』中の吉崎響監督作品『ME!ME!ME!』、スクウェア・エニックスの『無限∞ナイツ』、宮本亜門演出のWRECKING CREW ORCHESTRAの長編新作公演、”SUPERLOSERZ SAVE THE EARTH 負け犬は世界を救う”等を手掛ける。
2014年8月にキングレコードEVIL LINE RECORDSよりEP、”UNDER THE BLACK MOON”、続く9月にファーストアルバム、”BLACK MOON RISING”をリリースし、ソロ・アーティストとしてメジャー・デビュー。
2015年夏には『ももいろクローバーZ × TeddyLoid Remix Project』をスタートし、9月には初の公式リミックス・アルバム、”Re:MOMOIRO CLOVER Z”としてリリースを実現。ももいろクローバーZの夏の大型公演『桃神祭2015』では、DJとしてフロントアクト出演を果たした。
12月には全12曲に計14組の豪華ゲスト・アーティストを迎えた初のコラヴォレーション作品、”SILENT PLANET”をオリジナル2ndアルバムとしてリリース。
小室哲哉、中田ヤスタカ、柴崎コウ、KOHH他、豪華かつ大胆な共演が話題となっている。
4月からオンエア中のモード学園グループの学校法人・専門学校 HALの2016年度TVCM「嫌い、でも、好き」篇では、DAOKOと共に音楽を担当している。
海外からの評価も高く、RADWIMPS、BABYMETAL、ONE OKE ROCK、ピコ太郎に並び、2016年の海外のSpotifyで最も再生された日本のアーティスト5組に選出される。
実際に昨年5月には初のアジア開催となった”MICS MACAU 2016 DJ Festival”では日本代表DJに抜擢、また7月の”ANIME EXPO 2016″、10月の”New York Comic Con”といった、北米最大のジャパンカルチャー・フェスのDJイベントにヘッドライナーとして招聘された。また、2ndアルバムの続編、スピンオフとして、”SILENT PLANET 2″と銘打ち、KOHH、ボンジュール鈴木、ちゃんみな、banvox等の個性的なアーティスト達とのコラボレーションを収めたデジタルEPを断続的にリリースしている。




HP : http://www.teddyloid.com/