アーティスト

banvox



banvox ( バンボックス )


東京を拠点に活動する音楽プロデューサー。
2011年より活動を開始し、インターネットレーベルMaltine Recordsよりリリースしたデビュー作
『Intense Electro Disco』が僅か2 日間で4,000DLを記録。


2012年に英Surfer Rosa Recordsからリリースした
デジタルEP『INSTINCT DAZZLING STARLIGHT EP』で
米ダンス/クラブミュージック配信サイト最大手Beatport 総合チャートで
2位獲得という快挙を成し遂げ一躍その名を轟かせる存在となる。
その作品群はDavid Guetta やDirtyloud、BBC Asian Network 等に激賞され、
以降海外アーティストのリミックスを立て続けに担当。


2014年には“iTunes NEW ARTISTS 2014”に選出され、
以降リリースしたシングルはそれぞれiTunes ダンス/エレクトロニックチャートで1位を獲得。
4月には自身初となるCD作品『Watch Me Dance』をタワーレコード限定でリリースし
同作はレコメンドタイトル”タワレコメン”にも選出。
同月開催されたSkrillexの日本でのClub Gigでは共演を果たす。
12月にリリースした1stフルアルバム『Don’t Wanna Be』は
iTunesダンスチャートで1位、総合アルバムチャートで4位を記録した。


その勢いは留まる事を知らず、
2015年2月にはGoogle Android CM「じぶんを おもいきり」篇の楽曲プロデュースを担当。
同曲はShazamジャパンチャート1位を記録。
5月には同曲「Summer / New Style」でワーナーミュージック・ジャパンよりメジャーデビューを果たし、
iTunesダンスチャートの1位2位を独占。
立て続けにリリースしたEP『At The Moment』では自身初となるMVも公開。
11月には2度目となるGoogle Android CM楽曲を担当。
同CM曲”Watch Me”はBeatport Dubstep Chart、iTunes Dance Chart、
そしてShazam Japan Chartで1位と三冠の快挙を達成。
ライブ出演としてはULTRA KOREA、ULTRA EUROPE等海外フェスへの出演。
ULTRA KOREAではSkrillexとも再会しパフォーマンスと楽曲を賞賛される。
そして7月には国内最大級のフェスティバル、フジロックフェスティバル2015に出演。
大晦日にはCOUNT DOWN JAPAN 15/16へも出演し同年を締めくくった。


2016年4月にはモード学園の新CM楽曲プロデュースを担当。
5月からは自身のソロ作の連続リリース、
そして”Red Bull Summer Edition Music Playlist”へのエクスクルーシブ楽曲提供、
さらには米ジャージークラブシーンの第一人者、R3LLとのコラボレーション、『DOWN』がDim Makよりリリース。
7月には国内最大級の音楽フェスROCK IN JAPANに、
9月には3年連続となるULTRA JAPAN メインステージへの出演を果たす。


2017年2月にはPlayStationR4のゲームタイトルを紹介する動画
「PlayStationR4 presents “GO! GO! LINEUP! RAKUGO!”」
「“PS4” Lineup Musical 「PLAY!PLAY!PLAY!」」、
2作の音楽を立て続けに担当。
1作目の”RAKUGO”は公開後1ヶ月で170万再生を記録。
そして”Musical”は公開1ヶ月で200万再生を超える。
また、3月にはコンセプトアルバム『Take No Defeat』をリリース。
iTunes Japan Chart4位を獲得。
さらに同月、TOYOTA T-Value TV Commercial「FIND U-Car 篇」の楽曲「Everlasting」を制作。
同YouTubeも公開1ヶ月を待たず100万回を超える再生数を記録している。


banvoxの楽曲はThe Chainsmokers、
Porter Robinson、Madeon、Getter等、
錚々たる海外アーティストによりプレイされ、そのクオリティーの高さを証明している。
banvoxが繰り出す最先端の音楽は海を超え、どこまでも広がり続ける。




http://banvox.net/