アーティスト

ドレスコーズ



ドレスコーズ ( 志磨遼平●しま・りょうへい )


1982年、和歌山県出身。音楽家・文筆家・俳優。
2006年「毛皮のマリーズ」としてデビュー。
6枚のオリジナル・アルバムを残し2011年、日本武道館公演をもって解散。翌年「ドレスコーズ」結成。
シングル「Trash」(映画『苦役列車』主題歌)でデビュー。
現在はライブやレコーディングのたびにメンバーが入れ替わるという唯一無二の活動を続けている。
これまでにアルバム6枚、シングル3枚、映像作品4枚を発表。
シングルに「トートロジー」(アニメ「トリコ」ED主題歌)、
「人間ビデオ」(フル3DCG映画『GANTZ:O』主題歌)、
「コミック・ジェネレイション」(映画『溺れるナイフ』主題歌)がある。
文筆活動のほか、近年は俳優としてドラマ『グーグーだって猫である2 -good good the fortune cat-』、
映画『溺れるナイフ』に出演。 2018年、初の音楽監督作品『三文オペラ』(ブレヒト原作・KAAT)上演。
2019年5月1日 6枚目のフルアルバム「ジャズ」発売。




https://dresscodes.jp/