アーティスト

キイチビール&ザ・ホーリーティッツ



キイチビール&ザ・ホーリーティッツ


2016年4月にライブ活動をスタートとさせた、東京の5人組ロックバンド。
ライブ会場といくつかの店舗/通販サイトにて枚数限定で販売された
1stEP「俺もハイライト」/1stミニアルバム「世の中のことわからない」がいつしか全国的に評判になり、
完売し、各地のライブハウスを賑わす存在に。
2017年の夏には二つのフェス系コンテストを勝ち抜き、
ROCK IN JAPANとSUMMER SONICにいきなり出演。注目度が加速度的に上がる。


2018年2月7日に初の全国流通盤にして初のフルアルバム「トランシーバ・デート」リリース。
翌日渋谷WWWにて、ホフディラン/台風クラブ/MONO NO AWAREを招いて開催したリリースパーティー、
続いて3月24日に渋谷Star loungeにて行った初のワンマンライブもソールドアウトし、幸先良いスタートを切る。
全国規模のライブ活動もほどなくスタート。
各地のサーキットライブにて入場規制が続出する。


2018年9月に渋谷WWWにて行われた秋の3マンツアー東京編(ゲストに盟友TENDOUJI/Tempalay)は、
2月の1stフルアルバムリリースパーティー@渋谷WWW、
3月の1stフルアルバムリリース初ワンマン@渋谷Star loungeに続いてソールドアウトし、
様々な世代の素敵なポップミュージックラヴァーズのハートをしっかりと掴み始めてる模様。 2018年11月3日、LD&K(PTAレーベル)より1st 7inchアナログシングル
「透明電車が走る c/w 平成がおわる」(限定盤)リリース。大好評を得る。


2019年1月23日、LD&K(PTAレーベル)より2nd 7inchアナログシングル
「今夜浮かれたい c/w こーかい」(限定盤)リリース。
瞬く間にオンライン/店頭から消える。 2月に東名阪にて「今夜浮かれたい」リリース記念の2マンツアーを開催
(ゲスト:曽我部恵一/リーガルリリー/SUNNY CAR WASH)。 2019年5月15日、2ndフルアルバム『鰐肉紀譚』(わににくきたん)リリース決定。
KB&HTによる、ポップを巡る新たな冒険譚が始まる。


極めてオーソドックスなバンドスタイルで奏でる、極めて同時代的でリアルな日々の歌。
悲しさも虚しさも、時に訪れる悦びも高揚も、
その先に見え隠れする一筋の光も全てないまぜになった類い稀なるメロディーとリリック。
熱い胸騒ぎをあなたに。




https://kiichibeer.com/