アーティスト

前野健太



前野健太 ( マエノケンタ )


1979年生まれ、埼玉県出身。シンガーソングライター。
2007年に自主レーベルよりアルバム『ロマンスカー』をリリースし、デビュー。
2009年、ライブドキュメンタリー映画『ライブテープ』(監督:松江哲明)で主演を務める。
同作は第22回東京国際映画祭の「ある視点部門」でグランプリを受賞。
2011年にも同監督の映画『トーキョードリフター』で主演を務める。
同年、第14回みうらじゅん賞を受賞。
近年はフジロックフェスティバルをはじめ大型フェスへの出演や、演劇作品への楽曲提供、
文芸誌でのエッセイ連載、小説執筆など、活動の幅を広げている。
ジム・オルークをプロデューサーに招いた『ハッピーランチ』(2013年)。
2014年にはライブ盤、2015年にはCDブック「今の時代がいちばんいいよ」を発表。
2016年12月には主演映画『変態だ』(みうらじゅん原作、安斎肇監督)が公開。
2017年2月、初舞台となる『なむはむだはむ』(つくってでる人:岩井秀人、森山未來、前野健太)に参加。
同年3月3日初のエッセイ集『百年後』を”STAND!BOOKS”より刊行。
2018年4月よりNHK Eテレ「オドモTV」レギュラー出演中。Eテレ『オドモTV』レギュラー出演中。
最新アルバムに『サクラ』。ラジオ日本にて『前野健太のラジオ100年後』パーソナリティをつとめる。
2019年2月より岩井秀人作・演出作品の音楽劇『世界は一人』の音楽を担当。
全公演バンド演奏で出演する。




https://maenokenta.com/