アーティスト

グッドラックヘイワ



グッドラックヘイワ


2004年、高校時代の同級生である野村卓史(key)と
伊藤大地(dr,口笛)によって結成されたインストゥルメンタル・デュオ。
コンパクトな編成ながら、爆発的なグルーブで疾走するライブパフォーマンスは高く評価され
国内フェスティバルにも数多く出演。
現在までにアルバム4タイトルの他シングルや限定盤をリリース。
2009年活動を休止、2013年末に活動を再開する。
2017年東南アジア最大のジャズフェス「Jakarta International Java Jazz Festival」に出演。
ふたりの音楽活動は多義にわたるなか、野村は映画音楽やCM音楽の制作も行っている。
代表作として映画監督、矢口史靖(第28回日本アカデミー賞5部門受賞)の作品
「WOOD JOB! ~神去なあなあ日常~」(2014) 
「サバイバルファミリー」(2017)
最新作「ダンスウィズミー」(2019年)の音楽を担当。
伊藤大地は第一線で活躍するアーティストのレコーディングやライブを数多くサポートしている。
またふたりは細野晴臣氏のバンドメンバーとして
国内外のコンサートツアー(台湾・ロンドン・アメリカ公演2018-19年)やレコーディングに参加している。




http://goodluckheiwa.galactic-label.jp