コンテンツ

EATBEAT! in 森、道、市場 ①

2016

あの「EATBEAT!」が森道市場に過去最大規模で登場!!



食と音楽が融合したライブパフォーマンスは森道市場でどんな進化を遂げるのか!? 様々なモノやコトが溢れる森道市場においては「EATBEAT!」にとってのネタの宝庫! 詳細は後日となりますが楽しい企画となること間違いなし!!


 


EATBEATwhat


 


野菜を切る音、煮る音、炙る音。いろんな調理音が素材となって出来上がるのは“食べるエレクトロニカ”、そしてもちろん料理にも!食と音楽の新しいパフォーマンス! ! 調理音をその場で録音、編集し楽曲にするライブパフォーマーは、キーボードやラップトップを駆使して映像的音像をつくり出すヘンリーワーク。調理は、食のモザイクアート「foodscape! 」で各方面から注目を集める料理開拓人の堀田裕介。 おいしいものを待ってる時間さえも、すてきな音楽にかえて味わってしまう。そんな五感で楽しみながら、食と向き合う時間を紡ぐイベントです。


 



EATBEAT2_whats


 


「EATBEAT!」 Hotta Yusuke × henlywork

eatbeat.jp


 




 


yusuke-300x300


堀田裕介/ Hotta Yusuke



「食べることは生きること 生きることは暮らすこと」


自ら生産者の元へ赴き、生産者の暮らしを知り、寄り添いながら食の本質を生活者へ届ける料理開拓人。食の安心・安全だけでなく、美味しく楽しいことを自らのアートの感性を活かし「foodscape!」で表現し、五感を通じて食に向き合う空間を創出。 独自のネットワークを活かした商品開発や店舗プロデュースを手掛ける一方、食と音楽の融合「EATBEAT!」や将来へ向けた「種から育てる子供の料理教室」など、本質を伝える活動の開拓は続く。


food-scape.com


 




 


henlywork-300x300


ヘンリーワーク/ henlywork



音楽家。即興的なパフォーマンスを得意としつつ、音楽制作の過程にも独自のセンスを発揮。 その場と一体化して感じとったイメージをスケッチブックに落とし込み、それらを楽譜として楽曲を作り上げる。ファッションブランドへの楽曲の提供や、料理と音楽の融合「EATBEAT!」では食材を食べる音、調理音からその場で音楽を創りだすなど多彩な音楽活動を続ける。一体化して感じとったものをグラフィカルに表現するCHALK BOY という黒板描きの顔も。 対象の深い本質まで感じ取る感受性と即興的なパフォーマンス。異なる2つの要素はすべてが自然に還るようにひとつに溶け合い、聴く者、観る者を心地よくその世界へ誘う。


www.henlywork.com

www.chalkboy.me


コンテンツ